2011年08月01日

将来のビジョンはありますか?

(*´ω` )ノ おはようございます


外は晴れなのか曇りなのか微妙な天気模様のようですが


暑いっす orz






まあそれはさておいて


みなさんは将来のビジョンはありますか?


将来のビジョンと突然言われても (゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?


ってな感じかもしれないですね。


自分の言う将来のビジョンは引退のことです。


自営業の方であれば後継者にすべて任せるまではずっと現役


一般的に勤めに出てる方であれば定年がそれにあたりますね。




しかーし!本当にみなさん引退できますか!?


先日「年金手帳」について触れた記事を書きましたが、


それをきっかけに年金について少し調べてみました。





条件その@ 現在65歳

   そのA 国民年金加入期間40年(20歳〜60歳)
 

   そのB 厚生年金加入期間42年(18歳〜60歳)

   そのC 扶養家族なし

   そのD 勤続平均所得は統計所得で 312.258円


この条件で年間支給額が 1.910.300円 という事です


月額にすると 159.191円 ですね〜


「あれ?意外と多くね??」って思いました?


しかーーーし


まず 1.910.300円 から 1.200.000円 控除した残りの額


ようするに 710.300円 に源泉徴収と税金がかかります。


さらに全国日本病院協会の調べによると(2004年度データとちょっとデータは古いのですが)


65歳〜70歳までの平均医療費は 645.700


年間に直すと 129.140


70歳〜75歳までの平均医療費は 732.500


年間に直すと 146.500


・・・つまり


実質年間の手元に残るお金は 170万円 程、


月額にして 14万円 程度しかないということです。




さらにさらに


これはあくまでも年金制度に加入してから


満額収めていた場合です。(未納があれば減額されます)




さらにさらにさらに


景気のいい時代に働き盛りだった方がモデルです。





これから先、医療の発展によってさらに平均寿命は延びることが考えられます。


もちろん医療費の増加がついてきますが、国による医療保障はどんどん受けられなくなってきています。


昔は老人保健の負担割合が1割でしたがいまは2割に引き上げられているのがいい証拠


今後もっと負担割合があがることは十二分に想像がつく事態ですね


また、年金の配給額も下げられる可能性は否定できません。


簡単に言うと 生活費医療費等必要経費UP 収入DOWN


ってな感じになっちゃうわけですね〜







さて、えらく長くなってしまいましたが


どうですか?お読みいただいてるあなたは引退できそうですか??




自分は・・・













できそうにないです orz




ではどうしたらいいのでしょう?


経費を減らすor収入を増やすしかないですよね〜




ですが、経費は削るにも限界があります(´;ω;`)ウゥゥ









いうことで収入を増やしたい!と自分は思っています。


みなさんも引退について一度真剣に考えてみてください(*^_^*)


続きに自分が今後取り組もうと考えていることを記載してますので

興味のある方は続きも読んでみてください(*´∇`)ノ ヨロシクネ〜♪

続きを読む
posted by mabo at 11:01| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。